不妊症の治療方法

新しい卵巣機能低下の回復法

当院では河村和弘博士の下で、卵巣機能の低下した症例に対する治療を2016年より開発してきております。

適応

適応は高齢となり発育する卵胞数が1、2個と少なく、また採れた卵子のグレードが低く受精率が低いまたは分割率が低く移植ができない方です。ただし条件として毎月規則正しい月経と排卵があることが条件です。
2つ目の適応は年齢が30歳代で卵が1~2個しかできないAMH(抗ミュラー管ホルモン)が非常に低いような方。
3つ目は子宮内膜症などで手術を行い、年齢は30歳代でもAMHが低く卵胞があまり発育しない方たちを適応としております。

治療法

2泊3日で全身麻酔下の腹腔鏡で行い、手術時間は約1時間半、費用はおおよそ1回の体外受精と同様となります。
この方法の原理は河村和弘博士が考案し、一部当院で改良を加えた方法で卵巣予備能の機能が低下した卵巣に物理的に刺激を加える。すなわち腹腔鏡下に卵巣の一部表層を剥離し、これを細かく1mm角にして、卵巣内に移植致します。その刺激によって新しく前胞状卵胞の発育を目的とし、採卵できる卵胞数を増やすという方法です。

結果

今までの結果、卵子の数は約2倍に増加することが証明されておりますし、分割率も高くなっていることが証明されております。
女性は約50歳時に卵巣機能が低下し閉経となりますが、これは生理的な現象であり、決して何かが欠損していたり、卵巣機能に問題があったりするわけではありません。しかし、妊娠するためには最も条件の悪い状況に向かってきておりますので、なるべく早い時期にこの治療法をお勧めしたいと思います。
現在、治療した64例110周期中12例で妊娠し、有害事象は1例もありません。

同意説明文書は、こちらのPDFをご覧ください。

page top