不妊症の原因

感染症(女性)

症状

主な感染症はSTD(性感染症)であるクラミジアと淋病です。
女性の70%以上は自覚症状に乏しく、感染したことに気がつかないまま症状が進行してしまうことが多いです。
その結果、卵管閉塞卵管周囲癒着を引き起こす恐れがあります。

原因

性行為によって感染するケースがほとんどです。

検査

過去に感染歴があるかを抗体から調べる血液検査と、現在感染しているかを調べるPCR法があります。

治療法

マクロライド系抗生物質(ジスロマック)を4錠/日、服用することにより、ほとんどの方は治ります。
なお、完全治癒のためにはパートナーと同時にお薬を飲み始める必要があります。
また、骨盤内感染などによって生じる卵管周囲癒着は癒着を剥離しなければなりませんので、腹腔鏡検査を行う必要があります。

page top