不妊症の原因

着床障害

症状

何らかの原因により、受精卵が子宮に着床しなくなります。
体外受精などで良好な受精卵を何度移植しても着床しない場合は、着床障害が疑われます。

原因

一般的には原因不明である場合が大半ですが、検査によって原因を特定できることがあります。
特定できる原因には子宮筋腫や子宮内腔ポリープ、子宮奇形、高プロラクチン血症、黄体機能不全、肥満などが挙げられます。

治療法

①血液検査により異常が見つかった場合

免疫療法、薬物療法などを行います。

子宮筋腫・子宮内腔ポリープ

手術療法を行います。

③高プロラクチン血症・黄体機能不全

ホルモン測定を行って、黄体ホルモンなどを投与します。

④肥満

栄養外来で健康的な体づくりを行います。

⑤原因不明

自然周期の凍結胚移植を試みます。

page top