当院について

学術活動

2018年(平成30年)

当院では、不妊症治療の尚一層の充実を図るため、医師を始め培養士や看護師などスタッフ一丸となって技術向上を目指し努力しています。
また、国内はもちろん、海外の学会等にも積極的に参加し、発表や講演を行っています。

国際学会

3月:Asian Expert Meeting on ART and LPS 2018

【招待講演】

  • Natural Cycle-FET in Japan

3月:UAE Reproductive Symposium 2018

【シンポジウム】

  • Ninety babies born after round spermatid injection into oocytes: Follow-up survey of their development from fertilization to toddler

4月:The 8th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction

【招待講演】

  • How to do Intracytoplasmic Round Spermatid Injection (ROSI)?
  • Advances in freezing technology of ovarian tissue, unfertilized oocyte, single sperm, spermatid, and blastocyst

【シンポジウム】

  • Comprehensive approaches including luteal support therapy to improve the pregnancy rate in frozen-thawed ET cycle

【一般講演】

  • NINETY BABIES BORN AFTER ROUND SPERMATID INJECTION (ROSI) INTO OOCYTES: FOLLOW-UP SURVEY OF THEIR DEVELOPMENT FROM FERTILIZATION TO TODDLER
  • DOES THE EXTRA X IN KLINEFELTER SYNDROME (KS) PATIENTS ORIGINATE ONLY PATERNALLY?

8月:第10回 日韓ARTカンファレンス

【招待講演】

  • Successful laparoscopically modified in vitro activation (MIVA) approach for induction of follicle development in poor responder (POR) patients.

10月:American Society for Reproductive Medicine (ASRM) 2018 Annual Meeting

【ポスター】

  • Where does extra X in Klinefelter Syndrome come from?
  • Successful laparoscopically modified in vitro activation (MIVA) approach for induction of follicle development in poor responder (POR) patients.

国内学会

1月:第39回 日本エンドメトリオーシス学会学術講演会

【ワークショップ】

  • 子宮腺筋症のART

3月:第13回 日本生殖発生医学会

【ポスター】

  • Poor responder患者の卵胞発育誘導のためのIVA(Invitro Activation)の改良に関する検討

5月:第59回 日本卵子学会

【一般講演】

  • Poor responder患者の卵胞発育誘導のためのIVA(Invitro Activation)の改良に関する検討

7月:第36回 受精着床学会総会・学術講演会

【一般講演】

  • ROSI施行により出生した児の発育、認知機能に関する検討
  • 老化卵子救済を目的としたM-II期細胞質置換の有効性に関する考察
  • 慢性子宮内膜炎の病理診断(CD138免疫染色)における内膜吸引法または内膜掻爬術による差異の検討
  • Poor responder患者の卵胞発育誘導のための卵胞活性化療法 (IVA:Invitro Activation)の改良に関する検討

9月:第63回 日本生殖医学会学術講演会・総会

【一般講演】

  • 当院におけるconventional-ICSIとpiezo-ICSIの年齢における臨床成績の比較
  • ROSIにおける新しいエレクトロポレーション法(ECFG21)を用いた卵子活性化の検討
  • 老化卵子の救済は可能か?エピジェネティック変化からの考察

10月:日本人類遺伝学会 第63回大会

【一般講演】

  • Reconsidering the indication of PGD for recurring miscarriages due to chromosomal translocation
  • DOES THE EXTRA X IN KLINEFELTER SYNDROME (KS) PATIENTS ORIGINATE ONLY PATERNALLY?

12月:第4回 日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会

【ポスター】

  • クラインフェルター症候群(KS)患者の余剰X染色体の父母由来についての検討

講演会・セミナー等

3月:癒しフェア2018 in OSAKA

  • 「パパ」と「ママ」になりたいあなたの癒しフェア皆様のご質問にお答えいたします

5月:Bonei Olam講演会

  • Reconsidering ROSI, a clinical study with greatly improved success rates

6月:セント・ルカ産婦人科セミナー

  • PGD普及のためには何が必要か

8月:癒しフェア2018 in TOKYO

  • 「パパ」と「ママ」になりたいあなたの癒しフェア皆様のご質問にお答えいたします

9月:第1回 jineko 妊活フェスタ in 福岡

  • 皆様のご質問にお答えいたします

11月:産業医科大学講演

  • 不妊症治療の実際

page top