不妊症の治療方法

Micro-TESE -非閉塞性無精子症に対して-

Micro-TESE(顕微鏡下精巣内精子回収法)もしくはバイオプシー(精巣生検)ともいいます。
精巣を切り開き、精子がいそうな(太く白濁している)精細管を探して摘み取って、その中から精子(精子細胞)を探し出します。
射出精液中に精子が認められない無精子症であり、かつ閉塞性でないと診断された場合に行う治療法です。

Micro-TESEは1時間以上の時間を要する手術のため、患者様にとって負担は大きいです。
また、2回目以降は精子を得られる確率が著しく低下します。
これらのことから、複数回行うことは極力避けなければなりません。
そのため、当院では以下の2点を特に注意しております。

  1. (1) 1回の手術でなるべく多くの精子(精子細胞)を見つけ出し、凍結保存するように心がけております。採取する精細管も1か所のみではなく複数個所としております。
  2. (2)局所麻酔では痛みや不快感が十分にとれないため、全身麻酔(静脈麻酔+局所麻酔)下で行います。ただし、全身麻酔下でも術後の疼痛が1週間ほど続くこともあります。

Micro-TESEを受けるに当たっての流れ・諸注意

  • 手術前日の午後11時以降からは絶飲食となります
  • 手術当日は午前7時にご来院ください
  • 遠方の方は、当院から徒歩1~2分のところにありますデイリーマンション
    (参照:特別料金(約10%OFF)でご利用できる宿泊施設)が安価ですので、そちらで前泊されることをお勧めします。
  • 手術当日は当院に一泊していただきます(トイレ・シャワー付き)
  • ご希望であれば奥様もご一緒に宿泊できます(簡易ベッド貸出料と食事1食分の料金が別途発生します)
  • 手術中は、もし体外受精に入ることができる場合に備えて、治療の流れを奥様にご説明いたします
  • 手術の結果は当日中にお伝えいたします
  • 退院は手術翌日の午前中に可能です
  • お仕事に復帰できるまでの目安期間は、デスクワークであれば手術の翌々日から、激しい動きを伴うお仕事の場合は2~3日様子を見られてからとなります
  • 手術費用は治療費用をご参照ください(支払方法は現金のみです)

Micro-TESE後の副作用

  • 傷口の痛みと腰痛、下腹部の鈍痛が約1週間続きますが、徐々に軽減していきます。
  • 手術による内出血で切開部位やその周辺(創部)が腫大して青く変色し、痛みが出ることがあります。多少時間はかかりますが自然に痛みは消失します。ただし、稀に再縫合が(0.1~0.2%の発生率で)必要となります。その際は1週間の入院となります。この治療は保険適用です。
  • 縫合部分がしこりのように硬く触れることがありますが、1~2か月で軽減していきます。
  • アルコールの摂取は炎症の原因となりますので、術後2~3日は控えてください。
  • 男性機能が低下することもありますが、多くの方は短時間で回復します。

当院では、術後の疼痛対策として点滴と坐薬を使用し、ほとんど痛みを感じないようケアしております。
退院後は飲み薬と坐薬を使用していただければ、日常生活に支障をきたすことはほとんどありません。
もし痛みを感じ始めたら、鎮痛剤の服薬もしくは坐薬でおさまります。

page top